大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

コインチェック事件で「仮想通貨の信頼性が下がった」というのは間違いです

どうも。ビットコイン大家です。

580億円相当のNEM(XEM)が不正送金(盗難)されたコインチェック事件で多くの人が誤解している事があります。

f:id:btc_landlord:20180326145816j:plain

 

コインチェック事件は仮想通貨そのものの信頼性とは無関係

コインチェック事件で多くの人が誤解している事。それは「コインチェック事件で仮想通貨の信頼性が下がった」という事です。これは明らかに間違いです。この事件で信頼性が下がったのは「仮想通貨」ではなく「取引所」です。もっと厳密に言うと「コインチェック1社のみ」です。自分で勉強もせずにただ流行りに飛び乗るだけの”ニワカ情報弱者”がこの事件で仮想通貨を「やっぱり怪しいものだ」と思うようになったに過ぎません。

 

コインチェックのセキュリティ対策はお粗末だった

コインチェックに関しても顧客の資産をホットウォレットで管理していたというセキュリティ体制はお粗末でした。これは間違いありません。マルチシグ対応もしていませんでした。しかも公式ではコールドウォレットで保管していると言っていたのにも関わらず、です。古参の取引所であるにも関わらず、こんな杜撰な体制で運営していたとは少々驚きでした。この点は100%コインチェックに非があります。

 

盗難後の対応は一定の評価はできる

盗まれた後に約45日で市場価格よりも高い価格で補償(返金)する等、過去のGOX案件と比較しても盗難後の対応はむしろ良かったと思います。例えば、2014年にビットコイン(BTC)のハッキング事件が起きたマウントゴックスは倒産をした挙句、未だに裁判もしていますし、2016年に同じくBTCのハッキング事件を起こしたBitfinex(ビットフィネックス)は、BFXトークンを発行し全ユーザーで損失を負担する形を取りました。それに比べれば事件発生から1ヶ月半で補償がなされたことは評価してもいいと思います。まぁつまり、マウントゴックスやビットフィネックスのハッキング事件を知らない人が「仮想通貨は信用できない。危ない。」と騒いでいるだけに過ぎないのです。

 

ニワカにわかが退場した分だけ価格は下がる

コインチェック事件は仮想通貨自体の信頼性とは無関係なのですが、仮想通貨が広く普及している現在、”にわか情報弱者”が市場でも一定の割合を占めるようになっています。そうである以上は、ニワカが退場した分だけ価格は下がってしまいます。長期的に見て『特定の管理者に支配されない分散化された世界』を信じるのであれば、価格は必ず戻すはずですから、狼狽売りをする必要はないのです。むしろ今はコツコツと買い増す時期だと思います。

 

ではまた。

       【スポンサーリンク】