大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

アメリカでビットコイン(BTC)を購入する人はこれから2倍に!まだまだ価格上昇の余地はあるぞ!

どうも。ビットコイン大家です。

アメリカ人で仮想通貨を購入する人が2倍になるという調査結果がありました。

そこからビットコイン(BTC)の価格をポジティブに考えてみたいと思います。

f:id:btc_landlord:20180321230611j:plain

アメリカの仮想通貨の購入者は2倍に!

ソースは先日も紹介したこの記事。

jp.cointelegraph.com

 

この記事で注目したいのは以下の部分です。

Finder.comが2月に実施した仮想通貨に関する調査によると、アメリカ人全体の8%に当たる、およそ2600万人が仮想通貨を購入したことがあることが分かった。

 調査では、まだ仮想通貨を購入したことがない92.05%のうち、およそ8%が今後購入を予定していると回答した。

 

仮想通貨を購入したことがある人が8%もいるという事実にも驚きましたが、これから買おうと思っている人も同様に8%もいるということも注目です。

 

つまり、購入する人が単純計算で2倍になるって事ですよね。アメリカ人の5200万人が仮想通貨を購入したことがあるってことになってくると、仮想通貨の価格も相当上昇していくでしょう。

 

ビットコインの発行枚数はたったの2100万BTC

さて、ビットコインの発行枚数は2100万BTCです。1人1BTCずつ保有したとすると、たったの2100万人しか保有できません。世界には70億人の人口がいますが、その中のたったの2100万人です。割合でいうと0.3%です。1人につき0.1BTCずつだったとしても2億1000万人です。

 

将来的にアメリカ人の5200万人が仮想通貨を購入することになって、この半分の2600万人がBTCを買ったとしても全員に1BTCも行き渡りません。日本や他の国の人々も含めると1人あたりの取り分はどんどん少なくなります。

 

 

約400万BTCがすでに失われている

さらにセルフGOX等で失われてしまったBTCが300万とも400万とも言われています。原因はハードディスクを破棄してしまったり、秘密鍵を忘れてしまったり様々ですが、そうなってくると最終的に流通するBTCの枚数は1600〜1700万BTC前後ぐらいになると推測できます。

 

こういったBTCの希少性は、無尽蔵に発行できて価値がドンドン薄まっていく日本円との大きな違いです。長期的にみてどっちが価値が上がっていくかは言うまでもないでしょう。

 

0.1BTCであれば現在は10万円かからずに購入することができます。今のうちに少量でもいいからBTCを購入して将来に向けて保有していくのは資産運用という観点で言えば非常に有益です。0.01BTCでもいいのでとりあえず買っとくのは悪くないですよ。

 

 

ではまた。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

       【スポンサーリンク】