大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

仮想通貨(ビットコイン)で大損した不動産投資家達の悲しい現実

どうも。ビットコイン大家です。

 

以前、不動産投資家が言っていた「ビットコインの次に来るもの」とは?という記事の中で「不動産投資家がいかに仮想通貨に対して無知なのか」を書きました。

で、上記の記事を書いた時はまさに仮想通貨ブームが頂点だった2017年12月でしたので、無知な不動産投資家達は高値で推移する仮想通貨市場に完全に浮かれきっていました。あれから4ヶ月ほど経過し、再び彼等に会う機会があったので、今現在の彼等の様子を記事にしたいと思います。

f:id:btc_landlord:20180319160140j:plain

 

誰一人として仮想通貨の話をしない

さて、そんなわけで久しぶりに大家の集まり(勉強会とか交流会という名の飲み会)に行ってきました。

色々と情報交換をしていたのですが、程なくして違和感に気付きました。

 

「ん?誰も仮想通貨の話をしてないぞ。。。」

 

数ヶ月前の会合では「2018年はアルトコインとICOがアツいぞーーー」とか「仮想通貨の利回りはヤバイ!」と皆が息巻いていたにも関わらず、今回は誰一人として仮想通貨の話をしてません。みんな「空室対策が〜」とか「銀行融資が〜」とか「リフォームが〜DIYが〜」とか不動産の話ばかりしています。完全にごく普通の大家の集まりの会話です。コインチェックのGOXの話も無ければ、剛力彩芽のCMの話もありません。

 

不動産投資家は仮想通貨をピークで掴んで大損していた

直感で「あ〜こいつらみんな大損ぶっこいてんだな」と感じ取りましたがwしょうがないので、こっちから振って聞いてみることにしました。

 

するとやはり…

 

「損切りした」

「全然儲からなかった」

「もう仮想通貨はやらない」

 

とのことw

大半が12月のピークで最高値をジャンピングキャッチしたり、12月〜1月頭に調子に乗って買い増しして含み損から損切りをしていました。いわゆる出川組ってやつですね。

 

今は買い増しチャンスなのに仮想通貨から退場してしまった人が多数!非常に残念!

残念だったのはせっかく今はビットコインもアルトコインも安く買えるチャンスなのに買っている人がほとんどいなかった事です。大半の人が仮想通貨からは退場してしまっていました。

 

幸いなことに彼等はもともとFXなどのレバレッジ取引はしていなかったので、今回の暴落でも傷はそこまで深くありませんでした。不動産で十分にレバレッジをかけてるので、仮想通貨ではリスクを取らずに現物のみという人が多かったようです。

ということは、これから安値でコツコツ買い増してガチホしていれば、長期目線で利益を出すことは十分可能なはずです。

 

しかしながら、最初の取っ掛かりが「簡単に儲かる」「すぐに儲かる」という動機で始めているので、含み損を抱えた状態でホールドする精神的な支えもなく、これ以上の損失拡大が怖くなり、あっさりと退場してしまうんですね。

もともとビットコインやブロックチェーンのテクノロジーに惹かれた訳ではなく、金儲け第一で入ってきた層は相場が悪くなれば退場してしまうという事がよくわかりました。彼等が再び戻ってくることを祈っています(戻ってきたところで再びカモにされてしまいそうですが)。

       【スポンサーリンク】