大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

仮想通貨のリテラシー不足によるトラブルは自己責任

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

どうも。ビットコイン大家です。

仮想通貨が盛り上がるにつれトラブルも急激に増えています。悪質な詐欺によるものが多いですが、自身のリテラシー不足が問題になっているケースもあります。

f:id:btc_landlord:20180204124527j:plain

 

リテラシー不足によるトラブルは自己責任

先日、仮想通貨(ビットコイン)関連の詐欺に遭わない超簡単な対策って記事を書きましたが、自身のリテラシー不足によりトラブルになっているケースもあります。これは詐欺によるトラブルとは分けて考えなければなりません。

 

例えばこんなケース。

「取引所に預けた仮想通貨が海外からの不正アクセスにより勝手に売買され資産が減少した。」

 

取引所からコインが盗まれたというのはセキュリティーの問題ですので、これは自身にも責任がある場合があります(もちろん盗んだ奴が最も悪いのは言うまでもないです)。

 セキュリティーが甘い例として以下のようなものがあります。

  • 2段階認証を設定していない
  • パスワードが推測されやすい軟弱なパスワードを設定している
  • パスワードやメールアドレスを使い回している
  • 取引所にコインを預けっぱなしにしている

 

上記のような場合は、仮想通貨の世界では基本的に自己責任で片づけられてしまいます。

 

仮想通貨を不正送金されたAさんの話

取引所に置いていた自身のアルトコインを不正送金された初心者のAさんと、その話を聞いたベテランBさんの会話です。

 

A「取引所に預けてたアルトコインが無くなった。どうやら不正送金されたみたい」

B「二段階認証してたの?」

A「してない」

B「じゃ、お前が悪い」

 

一般的な感覚で言うとこの会話は違和感があるのかもしれません。「Aさんが可哀想」「Aさんは悪くない」という意見もあるかと思います。ですが、仮想通貨の世界ではこれは自己責任の一言で片付けられてしまいます。

 

「取引所が悪い」「金返せ」って言いたい気持ちはわかりますが、それではいつまでたってもリテラシーは高まりませんし、次の時代のテクノロジーに適応できるようにはならないでしょう。厳しい事を言うと、「儲かりそう」って理由だけで安易に参入してしまった末路とも言えます。

 

取引所を使うこと自体がリスクであり、何かあった場合は自己責任である

ビットコインなどの大部分の仮想通貨は誰にも管理されていない非中央集権の仕組みです。誰にも支配されない自由がある一方で、責任は全て自分にあります。誰かに守ってもらうとか、保証してもらえるって考えは捨てた方がいいです。

もちろん取引所にも責任がありますし、今回の不正送金もコインチェックにも落ち度は有りまくりです。しかしながら、その取引所を使うことを選んだのは自分自身ですし、取引所に資金を入れるということは、自分の資産のコントロール権を取引所に委ねてしまうということなのです。そのリスクを認識した上で取引所とお付き合いをしなければなりません。取引所を使うのは必要最低限にして、取引を済ませたら取引所に置きっぱなしにせずに、ハードウェアウォレット等の自身で秘密鍵を管理できるウォレットに送金して安全に管理しなければならないのです。

 

このことを理解できない・納得できないという人は仮想通貨を買うべきではありません。法定通貨の世界で銀行預金や株式投資でもすることをオススメします。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

       【スポンサーリンク】