大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

コインチェックのGOXから学ぶ投資家としての心構え

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

どうも。ビットコイン大家です。

さて、今回のコインチェックの史上最大のGOX(580億円分の仮想通貨XEMが不正送金された事件)について、「誰に責任があるのか」「誰が悪いのか」考えてみましょう。

f:id:btc_landlord:20180128123226j:plain

 

NEM(XEM)を盗んだ奴が一番悪い

まず第一に、XEMを盗んだ奴が一番悪い。これは当たり前です。でも盗む奴はいなくならないですし、こいつらを責めても何も解決しないです。

 

取引所(コインチェック)も当然責任はある

第二に、今回は取引所(コインチェック)も悪いです。顧客の資産を預かる立場として、セキュリティ対策が甘々だったのは大きな過失ですし、弁解の余地もありません。

 

なお、先日のあまりにも酷い記者会見(質問をした側の新聞社の記者のレベルが酷いという意味)を自分もアベマTV(とニコ生)でリアルタイムで見ていました。

記者のレベルの低さ(なぜかキレ気味えオラつく、同じ質問を何度もする、仮想通貨の前提知識が無いこと丸出しの低レベルな質問)にさすがにコインチェックの和田CEOと大塚COOには同情してしまいましたが、新聞社が酷いからと言ってコインチェックの過失が不問になる訳でもありません。心情としてはコインチェックを応援していますが、GOXが起こった事実と運営の甘さは事実なので、そこは分けて考えるべきです。

 

さらに、結果的にXEMを返金(補償)するとコインチェックが発表したため、ユーザーには安心感が広がりコインチェックの責任は問われなくなってきた雰囲気もありますが、返金の有無とお粗末な管理運営体制は無関係です。返金するからと言って顧客の資産を危険に晒してよいということにはなりません。今後に期待したいです。

 

利用者(投資家)にも責任がある!仮想通貨の世界は自己責任!

第三に、利用者(投資家)にも責任があります。ここが重要です。初心者をはじめとしてここを理解してない人がまだまだ多いように感じます。

そもそも仮想通貨は非中央集権(ディセントラライズド)であるが故に何にも縛られない自由があります(実際には国の規制やマイナーや取引所等に影響を受けることもあるので、現時点で完全な自由と言える状態ではないですがが)。故に全てが自己責任の世界です。

 

取引所に自分の大事な資産を預けておくことのリスクをしっかりと理解している人であれば、取引所に「金返せ」と迫ることがどれだけ愚かな事かわかると思います。

それが理解できないのであれば、仮想通貨には一切関わらない方がいいです。間違っても取引所に口座開設なんてするべきではないです。

 

今回の件は、結果的にコインチェックが返金という対応をしたことにより、投資家が全く今回の事件を教訓にせずに将来的に同じことを繰り返してしまうのではないかと危惧しています。

 

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

       【スポンサーリンク】