大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

コインチェック銘柄の時価総額ランキングが意外な結果だった!

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

どうも。フィスコソーシャルレポーターのビットコイン大家です。

これから数ヶ月間はコインチェック銘柄は要注目です。出川哲郎のコインチェックのCMが絶賛オンエア中で、新規参入者が大量に国内の仮想通貨取引所になだれ込んでいます。という事で、今回はコインチェックに上場している仮想通貨の時価総額を調べてみました。

f:id:btc_landlord:20180106171511j:plain

コインチェック銘柄の時価総額ランキング

あらためてコインチェックに上場している仮想通貨とそれぞれの時価総額を調べてみました。全13銘柄を時価総額上位順に並べています。

※時価総額ランキングは1月5日時点のものです。

 

  • BTC 1位
  • XRP 2位
  • ETH 3位
  • BCH 4位
  • XEM 7位
  • LTC 8位
  • DASH 11位
  • XMR 14位
  • ETC 18位
  • LSK 21位
  • ZEC 27位
  • REP 42位
  • FCT 54位

 

こうやって見てみると「時価総額低いアルトコインが多いんだね」という感想を抱くかもしれません。特に最近仮想通貨業界に入ってきた人は「なぜコインチェックは時価総額上位のアルトコインを上場させないのか」と疑問に感じることでしょう。

 

彼らも昔は時価総額上位だった

コインチェック銘柄の時価総額ランキングが意外と低い理由は、仮想通貨業界の変化の激しさに由来します。

上記のコインチェック銘柄の中でも、モネロ(XMR)やイーサリアムクラシック(ETC)やオーガー(REP)やZCASH(ZEC)は過去に時価総額TOP10に入ってました。DASHなんてついこないだまでTOP10に入ってました(TRONの爆上げでTOP10圏外に)。それだけ仮想通貨業界の変化が激しいという事です。

逆に言うと、これから第二次アルトコインフィーバーが起こればコインチェック銘柄に資金が流れまくって軒並み時価総額が上がってくる可能性もあります。1ヶ月後ぐらいにまた定点観測してみたら面白いかもしれませんね。


2018年も淘汰と浮き沈みの激しい1年になる

王者として君臨しているビットコイン(BTC)と上位3つぐらいのアルトコインは、かなり地盤がしっかりしてきているので、簡単にその地位が揺らぐ事はないでしょうが、それ以外のアルトコインは1年後にはTOP10に入っていない可能性も大いにあります。明らかに過大評価され過ぎだろってアルトもありますし、半分以上が入れ替わってる可能性もありますね。

 

【仮想通貨取引所紹介】

はじめて仮想通貨を買いたいという人はコインチェックがオススメです。
スマホで簡単に取引できてアルトコインの種類も豊富です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

       【スポンサーリンク】