大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

フィアットとは!フィアットカレンシーって何?

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

どうも。ビットコイン大家です。

今日はフィアット(フィアットカレンシー)の意味について説明します。どうやら新規で仮想通貨を買おうとする人のうちの何割かはフィアットの意味が分からず検索をするようです(って嫁が言ってましたw)。ということでブログの流入増加にワンチャンありそうなのでフィアットについて書いていきます。

 

f:id:btc_landlord:20171231163723j:plain

 

フィアットとは

フィアット(FIAT)は法定通貨のことです。別の言い方でフィアットカレンシーとかフィアットマネーとも言います。円(JPY)とかドル(USD)とかユーロ(EUR)のことですね。つまり、これから緩やかに衰退していく時代遅れの通貨(マネー)のことですw

 

仮想通貨界隈ではよく使われる言葉

法定通貨は仮想通貨(正確には暗号通貨/クリプトカレンシー)に相対する言葉としてよく仮想通貨に界隈で使われます。むしろ仮想通貨界隈でしか使われてないかもしれません。

 

フィアットってどんな時に使う言葉なの?

フィアットという言葉を使うシチュエーションを紹介します。

 

例えばビットコイナー(アルトコイナー)が自分の財産のほとんどを仮想通貨に投資してしまった時なんかは、

「やべーフィアットがねえ」

というように使います。

 

利確する時は

「一旦フィアットに戻しとくか」

とか言います。

 

仮想通貨界隈にはポートフォリオが仮想通貨に偏り過ぎているぶっ飛んだ人がいますが、彼等は仮想通貨はめっちゃ持ってますが銀行預金や株式は全く持ってません。この状態をフィアット貧乏と言います。

で、フィアット貧乏の人と飲みにいく場合は、

「ごめん俺フィアット持ってないから代わりに払っといて」

と言われます。そのような人と飲みに行く際は、必ずビットコインなどの仮想通貨決済を導入している店舗を利用しましょうw

 

以上、フィアットの説明でした。

 

【仮想通貨取引所紹介】

はじめて仮想通貨を買いたいという人はコインチェックがオススメです。
スマホで簡単に取引できてアルトコインの種類も豊富です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

       【スポンサーリンク】