大家が暗号通貨に投資してます

大家が仮想通貨に投資してます

仮想通貨に投資している不動産投資家のブログ。ビットコイン、アルトコイン、不動産投資、コンテナ投資、VRやドローンなど、投資とテクノロジーについて書いてます!

よかったらツイッターもフォローお願いします!

コインチェックから出金された日本円の向かう先がZaifである理由

どうも。ビットコイン大家です。

Zaifが剛力彩芽を使ったCMを打ってきましたね。

このCMの影響で、コインチェックから出金された日本円の向かう先はZaifに決まったと思います。

f:id:btc_landlord:20180216215016j:plain

 

コインチェックから出金された日本円はどこに向かうのか

先日、無事日本円(JPY)の出金が再開されたコインチェックですが、初日だけで約400億も出金されました。その巨額の日本円の向かう先は気になるところです。

 

この出金された日本円の向かう先は主に以下の5パターンではないかと思われます。

 

①日本円のまま保有(預金等)

②仮想通貨以外の投資対象へ(債権や株や投信、不動産等)

③納税用

④借金の返済等

⑤別の取引所を使って仮想通貨を購入する

 

①(日本円のまま保有)と②(仮想通貨以外の投資対象へ)は今回のコインチェックの件で仮想通貨の投資に嫌気が差してしまった人達です。この人達はしばらくは仮想通貨には戻って来ないでしょう。もしかすると永遠に戻ってこないかもしれません)。

 

③(納税用)は2018年の確定申告での納税用です。これは結構な人が該当しそうですね。

 

④(借金の返済用)はレバレッジをかけて仮想通貨の取引をしていた人達です。キャッシングやカードローンの返済に充てるパターンです。当たり前ですが、借金をして仮想通貨へ投資するのは危険すぎるのでやめましょう。

 

⑤(別の取引所を使って仮想通貨を購入する)はまだまだ仮想通貨に可能性を感じている人達、はたまた割安になった仮想通貨を買いたいと思っている人達が該当すると思います。

その中でも古参のコイナーは他の取引所にも口座開設しているでしょうから、出金したらすぐに別の取引所に送金して割安になったビットコイン・アルトコインを仕込んでいることと思います。

 

注目は出川組の資金

なので、注目したいのは⑤の中でもコインチェックにしか口座を持ってない人達です。特に出川組と言われるコインチェックのCMを見て12月以降に参入して来た人達は、コインチェックだけしか口座を持ってないという人も数多くいるはずです。

 

この出川組の資金がどこに向かうのかが今後の日本の仮想通貨市場の動向を占う上でも重要になってくるでしょう。

 

出川組の資金は剛力彩芽のCMで勝負にきたZaifへ向かう

出川組の資金の向かい先の最右翼はズバリZaifです。

Zaif(テックビューロ)はこのタイミングでCMを繰り出して勝負に出て来ました。キャスティングも剛力彩芽ということで知名度も抜群です。これは出川組には十分響くでしょう。

 

コインチェック事件を機に仮想通貨は一転して世間からも冷たい目で見られるようになってしまいました。そのため取引所を運営する各社も最近はセキュリティ対策やコンプライアンスのアピール等に力を入れてきていて、派手なプロモーションは控えています。そんな中でZaifのCMをオンエアするということは相当攻めてきたと評価できるでしょう(批判もあるかもしれませんが)。

 

なお、こちらがZaifのトップページなのですが、インパクト抜群です。

f:id:btc_landlord:20180216220043p:plain

 

まぁ、コインチェック事件の前にすでに撮影を終えていてCMのオンエアは決まっていたとは思いますが、時期をズラすことはできたはずです。CMのオンエア開始をコインチェックの出金直後に当ててきたあたり、で出川組を根こそぎ刈り取ってやろうという意思も感じます。

 

もちろん出川組の口座開設以外にも全くのド新規の口座開設者も増えてくると思われますので、ZaifのCMをきっかけに昨年12月のような盛り上がりを見せる可能性もあります。

  

果たしてZaifのサーバーは大丈夫なのか?

ということで、短期的にはZaifのユーザーが増えるのは間違いなさそうですが、そうなった場合、心配な事も多々あります。

 

ユーザーが急増した場合、Zaifのサーバーは耐えられるのか、502GATEWAYが再び現れるのではないか。そして、注文はちゃんと通るのか。この2点は誰もが不安に感じる点ではないでしょうか。

 

そして、人員はしっかり確保できているのかも気になるところです。口座開設を待たされることはないのか。問合せにはきちんと返事が返ってくるのかという点です。

 

最悪のケースはコインチェックのような不正送金が起きてしまった場合ですが、そうなったら国内の仮想通貨熱はキンキンに冷え切ってしまう可能性があります。それだけは避けてほしいです。

まぁこれはZaifだけに限らず国内の他の取引所にも言えることですが。ユーザーが急激に増加してセキュリティ対策に手が回らなくなって…みたいなことは無しにしてほしいですね。

 

今後はコインチェックの動向とあわせて、Zaifからも目が離せなそうです。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

投資の神様ウォーレン・バフェットがビットコインを買う日は来るのか?

f:id:btc_landlord:20180215215544j:plain

バフェットの右腕もビットコインが大嫌い

ビットコイナー兼バフェットファンの自分にとってまた衝撃的なニュースが流れてきました。投資の神様のウォーレン・バフェットがビットコインに否定的なのは周知の事実ですが、そのバフェットの右腕であるチャーリー・マンガーまでもビットコインをボロクソ言っていたという記事です。

www.bloomberg.co.jp

 

いや~個人的にはとても残念です。まぁバフェットが否定的ですから、チャーリーも同じ意見なのは当然と言えば当然なのですが。

  

バフェットもマンガーもビットコインを理解できないのか?

非常に短い記事なので、この記事を読んだだけではマンガーがどこまでビットコインを理解しているのかは分かりません。恐らく深くは理解はしていないと思います。というよりも理解をするための時間を割くことをしていないという感じですかね。つまり「理解できない」のではなく「理解しようとしていない」のではないかと。

 

しかしながら、バークシャー・ハサウェイのNo.1とNo.2がこうもビットコインに否定的なのはちょっと危ないですね。革新的なテクノロジーを理解できないでいると、そのうちバークシャーも時代遅れの企業になって、次の時代に生き残れないのではないかと不安にもなってきます。

 

少しずつテクノロジーを理解するようになったバフェット

バフェットは昔は一切ハイテク企業には投資をしてませんでしたが、徐々に時代の変化に対応するようになってきてIBMやアップルに投資をするようになってきています。アマゾンやグーグル(アルファベット)に初期の段階で投資をしなかったことを後悔もしています。

ということは、少なくとも今はアマゾンやグーグルレベルのテクノロジー・革新性は理解しているので、もうちょっと頑張ってもらえればビットコインのテクノロジーや革新性も理解はしてくれると思うのです(理解した結果、投資するのかどうかは分かりませんが)。

 

誰かバフェットとマンガーにビットコインと仮想通貨の革新性についてレクチャーしてくれませんかね~。

なお、バフェットと会食する権利が毎年オークションで落札されるのですが、ビットコイン長者が落札してバフェットに会食の場で熱く説明してくれたら面白いのにな~なんて思います(まぁそんな面倒なことはやらないかw)。ちなみに直近の2017年の落札価格は267万ドルです。日本円で約3億円ですw

 

バフェットの考えが変わるチャンスはある

ワンチャンあるとしたら、バフェットの後継者候補達ですね。具体的に言うと、バークシャーのポートフォリオマネージャーのテッド・ウェシュラーとトッド・コームズの2名です。

実はアップルへの投資を最初にはじめたのもこの2名のどちらかだと言われています。はじめにコームズかウェシュラーのどちらかがアップルを買って、その後にバフェットがアップルの消費者独占力に気付き、大きく投資をするようになったのです。

 

この2名のどっちかが、自身の裁量の中でBTCを購入するなんてことがあったら胸アツですよね(もしビットコインETFが承認されたらワンチャンあるんじゃないかと思ってます)。

で、しばらくしてバフェットもようやくビットコインの凄さに気付いてバークシャーが本気でビットコインを保有するようになったら相当なインパクトになりますよね。

可能性は相当低そうですが、マンガーの記事からこんな妄想を膨らませた訳であります。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

仮想通貨のリテラシー不足によるトラブルは自己責任

どうも。ビットコイン大家です。

仮想通貨が盛り上がるにつれトラブルも急激に増えています。悪質な詐欺によるものが多いですが、自身のリテラシー不足が問題になっているケースもあります。

f:id:btc_landlord:20180204124527j:plain

 

リテラシー不足によるトラブルは自己責任

先日、仮想通貨(ビットコイン)関連の詐欺に遭わない超簡単な対策って記事を書きましたが、自身のリテラシー不足によりトラブルになっているケースもあります。これは詐欺によるトラブルとは分けて考えなければなりません。

 

例えばこんなケース。

「取引所に預けた仮想通貨が海外からの不正アクセスにより勝手に売買され資産が減少した。」

 

取引所からコインが盗まれたというのはセキュリティーの問題ですので、これは自身にも責任がある場合があります(もちろん盗んだ奴が最も悪いのは言うまでもないです)。

 セキュリティーが甘い例として以下のようなものがあります。

  • 2段階認証を設定していない
  • パスワードが推測されやすい軟弱なパスワードを設定している
  • パスワードやメールアドレスを使い回している
  • 取引所にコインを預けっぱなしにしている

 

上記のような場合は、仮想通貨の世界では基本的に自己責任で片づけられてしまいます。

 

仮想通貨を不正送金されたAさんの話

取引所に置いていた自身のアルトコインを不正送金された初心者のAさんと、その話を聞いたベテランBさんの会話です。

 

A「取引所に預けてたアルトコインが無くなった。どうやら不正送金されたみたい」

B「二段階認証してたの?」

A「してない」

B「じゃ、お前が悪い」

 

一般的な感覚で言うとこの会話は違和感があるのかもしれません。「Aさんが可哀想」「Aさんは悪くない」という意見もあるかと思います。ですが、仮想通貨の世界ではこれは自己責任の一言で片付けられてしまいます。

 

「取引所が悪い」「金返せ」って言いたい気持ちはわかりますが、それではいつまでたってもリテラシーは高まりませんし、次の時代のテクノロジーに適応できるようにはならないでしょう。厳しい事を言うと、「儲かりそう」って理由だけで安易に参入してしまった末路とも言えます。

 

取引所を使うこと自体がリスクであり、何かあった場合は自己責任である

ビットコインなどの大部分の仮想通貨は誰にも管理されていない非中央集権の仕組みです。誰にも支配されない自由がある一方で、責任は全て自分にあります。誰かに守ってもらうとか、保証してもらえるって考えは捨てた方がいいです。

もちろん取引所にも責任がありますし、今回の不正送金もコインチェックにも落ち度は有りまくりです。しかしながら、その取引所を使うことを選んだのは自分自身ですし、取引所に資金を入れるということは、自分の資産のコントロール権を取引所に委ねてしまうということなのです。そのリスクを認識した上で取引所とお付き合いをしなければなりません。取引所を使うのは必要最低限にして、取引を済ませたら取引所に置きっぱなしにせずに、ハードウェアウォレット等の自身で秘密鍵を管理できるウォレットに送金して安全に管理しなければならないのです。

 

このことを理解できない・納得できないという人は仮想通貨を買うべきではありません。法定通貨の世界で銀行預金や株式投資でもすることをオススメします。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

コインチェックのNEM不正送金事件で身に染みた原資抜きの大切さ

どうも。ビットコイン大家です。

今回は原資抜きの大切さについて書きます。

 

 

f:id:btc_landlord:20180206190443j:plain

絶対損をしない秘技!原資抜きとは?

原資抜きとは投資した原資(元本)を利確して回収することです。

例えばビットコイン(BTC)に100万円を投資をして、値上がりして時価が200万円になったら、100万円分のみ利確すれば元本は回収できます(話をわかりやすくするために、今回は税金は考慮せずに説明します)。

原資抜きのスゴイところは、この時点で元本の回収は済んでいるので、残りの半分は無料で手に入れたも同然になることです。なので、その後BTCがどれだけ暴落しようと取引所がGOXしようと損失はゼロです。利益は青天井で損失はゼロの無敵の状態になるのです。絶対に損をしない最強の資産防衛方法、これが原資抜きの威力です。

 

原資(投資元本)さえ回収できていれば、今回のコインチェックのNEM(XEM)の不正送金も財務的にはノーダメージで静観できたはずです。さらに最近の仮想通貨の大暴落も余裕をもって眺めていることができるでしょう。

 

原資抜きの弱点は?

いいとこずくめの原資抜きですが、弱点はないのでしょうか?

 

・・・実はあります。

 

原資抜きの欠点は2倍になった時点で半分を利確してしまうので、相場が上昇基調の場合はリターンが下がることです。2倍の時点で半分を利確をしてしまったら、その後10倍まで上昇したとしても最終的なリターンは5倍になってしまいます(まぁ5倍でも十分すごいですが…)

 

比較すると以下の通り、

 

■原資抜きをした場合

元本100

⇒200になった時点で半分を利確【200×0.5=100】

⇒その後1,000になってもう半分を利確【1,000×0.5=500】

⇒合計利益:600-元本100=500(元本の5倍)

 

■原資抜きをしない場合

元本100

⇒1,000になって全部利確【1×1,000=1,000】

⇒合計利益:1,000-元本100=900(元本の9倍)

 

原資抜きは保険のようなもの!

とはいえ、今回のような大暴落が起こった場合は原資抜きをしていた方が圧倒的に有利です。一種の保険と割り切って2倍になったら半分を利確しておくというのは、長期投資としては正解です。

今は大変厳しい相場となっていますが、いまビットコイン(BTC)や主要なアルトコインを仕込んでおければ、将来的に確実に2倍にはなると思います。その時に原資抜きをするかどうか、今のうちに決めておいた方がいいでしょう。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

仮想通貨(ビットコイン)で詐欺に合わないための超簡単な対策

どうも。ビットコイン大家です。

今回は仮想通貨でのトラブルを回避する方法を書いていきます。

f:id:btc_landlord:20180204121745j:plain

 

ビットコイン(仮想通貨)でのトラブルが急増している

仮想通貨関連のトラブルが増えています。こちらの記事によると前年比3倍のようです。

 

トラブルになっているのは大半は詐欺によるものでしょう。勘違いしてほしくないのは、仮想通貨(ビットコイン)自体が怪しい・危ないのではなく、詐欺グループがただ単に仮想通貨を利用して詐欺を働いているだけということです。

 

これなんかは明らかな詐欺です。

新たに発行されるという仮想通貨の購入を「値上がりする」と友人に勧められ、業者指定の口座に四十万円を振り込んだが、直後に業者の閉鎖が発覚。実際に購入できたのかも確認できない状況に陥ったという。引用元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201801/CK2018012502000132.html

 

普通に取引所で売買すればいいのに、なんで業者指定の口座に入金してしまうのか残念でなりませんが、詐欺業者もあの手この手で上手いこと言って振り込ませるので、初心者は引っかかってしまうのかもしれません。

 

仮想通貨詐欺に合わないための法則がある

初心者で詐欺案件の判断が出来ないという人は、昔から言われている法則を守って自己防衛することを推奨します。仮想通貨界隈ではすでにお馴染みなのですが、詐欺に遭わないための超簡単な方法があるのです。

 

その法則とは、 

  • セミナーはスキャム!
  • スーツ着てる奴はスキャム!
  • 「ビット」って言ってる奴はスキャム!
  • ライングループはスキャム!

というものですw 

 

つまり、

  • 仮想通貨のセミナーには行かない!
  • スーツ着てる奴とは話をしない!
  • ビットコインの単位を「ビット」って言ってる奴には近づかない!
  • ライングループには登録しない!

ってことですw 

 

上記を実践するだけで、かなり詐欺に遭う可能性を減らす事ができます。

冗談のようですが、これはかなりの効果を発揮します。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

 

 

ビットコインはゼロになる?Zcashは680万円になる?仮想通貨のポジトーク

さて、仮想通貨界隈ではほぼ毎日のように著名人・識者がビットコインやアルトコインの将来的な価格について語っているニュースが出てきます。

 

で、語られる内容の大半は「ビットコインの価値はゼロになる」系の悲観的な見方をするパターンと、それとは逆に「ビットコインは3年後には100万ドルになる」みたいな超ポジティブな見通しを語るパターンに二分されます。

まぁどちらもポジショントークなんですけどね。

 

で、昨日もポジティブな発言とネガティブな発言が両方ありましたので紹介します。

 

f:id:btc_landlord:20180203173054j:plain

ウルフ・オブ・ウォールストリートのベルフォート氏いわく、ビットコイン価格はいずれゼロになる

まずはネガティブな意見から。

 

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」モデルのベルフォート氏「ビットコイン価格いずれゼロに」

ハリウッド映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート​​」(マーティン・スコセッシ監督)のモデルとして知られるジョーダン・ベルフォート氏(55)が動画インタビューの中で、再びビットコインに懐疑的な見解を示した。(中略) さらにはビットコインは「羊の皮を着たオオカミだ」と述べ、「5万ドルまで上昇するかもしれないが、最終的には確実にゼロになる」と予測している。引用元:https://jp.cointelegraph.com/news/wolf-of-wall-street-says-bitcoin-could-hit-50k-before-crashing

 

 

ベルフォート氏は以前から一貫してビットコイン(仮想通貨)には懐疑的でした。しかしながら彼がどこまでビットコインのテクノロジーを理解しているのかは分かりません。個人的には彼が上がると言おうが下がると言おうが、全く気にしなくていいと思いますwなお、自分はゼロになるとは思いません。

 

Zcashの価格が2025年までに約680万円に?

で、お次はポジティブな意見。ビットコインではなくZcash(ZEC)についてです。

 

匿名通貨Zcash 2025年までに約680万円に 米グレイスケールが予測

米DCG傘下で仮想通貨投資やビットコイン投資信託の運営を行うグレイスケールインベストメンツが、匿名通貨Zcash(ジーキャッシュ、ZEC)の価格が2025年までに62000ドル(約680万円)を超える可能性があると予測した。同通貨がオフショア資産全体の10%の受け皿になると仮定し算出した。引用元:

https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-fund-predicts-zcash-to-hit-over-62k-by-2025

米グレイスケールが2025年にZECが680万円になると予測しています。現在のZECの価格は4万円程度なので、もし680万円になったとしたら約7年で170倍です(7年で170倍ってのをスゴイと感じなくなっている人は完全に感覚が麻痺してますw)。

 

で、680万円になる根拠ってのが、2025年にオフショア資産の10%がZcash(ZEC)に流れるからってことみたいです。オフショア資産の10%がZashで運用されるって事の根拠がイマイチよくわからないですが、仮に予想が下振れして5%だったとしても、価格は340万円です。現在の価格と比べて85倍です。1%だったとしても68万なので、現在価格の17倍です。17倍だったとしても、一般的な資産運用の常識から考えると大成功ってことになりますよね。

 

ダーク系アルトコイン(ダッシュ、モネロ、Zcash)で分散投資するのはアリかも

勿論このレポートが当たるかどうかは全く分かりませんw

ただ、このレポートを参考にしてZECを長期保有しようとするのであれば、同じダーク系のDASHとモネロ(XMR)とに分散した方が手堅いとは思いますけどね(分散した分、利回りは下がるかもしれませんが)。

 

現在は仮想通貨全体が超悲観的なムードで仮想通貨終わったみたいな雰囲気ですが、自分は長期的に見れば仮想通貨の時価総額は必ず上がると確信しています。いろんな人が様々な意見を言いたい放題言いますが(そしてその多くはポジトーク)、しっかり自分の頭で考えて投資をしていきましょう。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

コインチェックの事件の教訓!仮想通貨はハードウェアウォレットに保管しよう!

どうも。ビットコイン大家です。

コインチェックの事件でハードウェアウォレットの重要性が改めてクローズアップされています。

f:id:btc_landlord:20180202214550j:plain

コインチェックの不正送金でわかったハードウェアウォレットの重要性

今回のコインチェックのXEMの不正送金事件がはじめてのGOX体験だという人もいるでしょう。そういった人達は今回のコインチェックの事件で取引所に自らの大事な資産を預けておくことのリスクを身を持って感じることができたのではないかと思います。

 

今まで当たり前のように取引所にコインを預けっぱなしにしていた人は、自身で秘密鍵を管理できるウォレットで安全に仮想通貨を管理するリテラシーを身に付けなければなりません(リテラシーといってもそんなに難しいことでもありません)。

 

ハードウェアウォレットで安全に管理しよう

ウォレットにもたくさんの種類があります。デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレット等です。

この中で最も安全な方法であるハードウェアウォレットで管理するのがいいでしょう。一度使ってみれば、それほど難しくありません。

代表的なハードウェアウォレットはLedger社(レジャー社)のLedgerNanoSやTREZOR(トレザー)があります。

 

ハードウェアウォレット購入時の注意点

AMAZONやヤフオク等でよくわからない業者から買ってしまうと、ハードウェアウォレット自体に細工をされてしまっている可能性もあります。せっかく安全に資産を保管しようとしたのに、逆に悪意のある第三者に奪われてしまうことになりかねません。

なので、公式サイトから直接購入しましょう。

 

LedgerNanoSの公式サイトはこちら!

 

ハードウェアウォレットは在庫が無くて納品に時間がかかる場合もある

売れ行きが好調で在庫が無い事も多く、注文しても即時に納品されない場合もあります。今回のコインチェックの件で相当数の日本国内のユーザーがハードウェアウォレットを購入するでしょうから、早めに買っておかないとかなりの時間またされる可能性もあります。

 

LedgerNanoSの購入はこちら(公式サイト)

 

LedgerNanoSであれば以下の仮想通貨を保管できます。ビットコイン(BTC)はもちろんイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)にも対応しています。価格は1.5万円程度と少し高く感じられるかもしれませんが、それで安全に仮想通貨を保管できるのであれば安いもんです。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

【バフェット・ソロス・ロジャーズ】世界三大投資家はビットコインはバブルだと言及

どうも。ビットコイン大家です。

今日は世界三大投資家のビットコインに対する発言を比較してみます。

f:id:btc_landlord:20180129213010j:plain

 

世界三大投資家は揃ってビットコインはバブルだと発言

世界三大投資家といえば、「オマハの賢人」ウォーレン・バフェット、「イングランド銀行を潰した男」ジョージ・ソロス、「冒険投資家」ジム・ロジャーズの3名です。

この3名は揃ってビットコインはバブルだと言っています。

それぞれの発言の内容を見ていきましょう。

 

バフェット氏「(仮想通貨)悪い結末迎えるのは確実」【フィスコ・ビットコインニュース】

投資会社バークシャー・ハザウェイを率いる米著名投資家ウォーレン・バフェット氏。米Forbes(フォーブス)が発表する世界長者番付では常に上位にランクインしており、「オマハの賢人」と称される同氏は、米メディアのインタビューで仮想通貨について「一般論として言えるのは、ほぼ確実に悪い結末が来るということだ」とコメントしたと伝わっている。また、「全ての仮想通貨の5年先のプット(売る権利)が買えるなら、喜んで買う。しかし10セント分すら空売りするつもりはない」とも発言したようだ。引用元:http://www.mag2.com/p/money/360390

 

ソロス氏、「ビットコインは典型的なバブル」【フィスコ・ビットコインニュース】

米国の著名投資家ジョージ・ソロス氏は、世界経済フォーラムでのスピーチで仮想通貨が常に誤解で生じる「バブル」だと述べた。また、価値が安定しておらず、実際の通貨のように機能しないと主張。一日に25%変動するようなものは実際に給料の支払いなどに使用することは不可能だと説明した。さらに、通常、放物曲線を描く場合、いずれ非常に急激な「break」に見舞われるが、この場合は独歩高を続ける限り、おそらく違う結果で「flat top」にとどまることになるだろうとした。

引用元:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-26/P34Y2N6K50Y101

 

米著名投資家ジム・ロジャーズ「ビットコインはバブルの匂いがする」

ジョージ・ソロスとヘッジファンドを共同運営していたことで知られる米投資家のジム・ロジャーズが、ビットコインはバブルの「匂い」がすると述べた。引用元:https://jp.cointelegraph.com/news/jim-rogers-smells-a-bitcoin-bubble

 

3人の発言は微妙にニュアンスが異なる

こうやって3人の発言を見てみると、微妙にニュアンスが異なってますね。

 

一番悲観的なバフェット

バフェットが一番悲観的です。悪い結末が来ることはほぼ確実だと言っています。

そして、バフェットはビットコインを保有してないようです。余程のことが無い限りはバフェット(正しくはバークシャー・ハサウェイ)がビットコインを保有することはなさそうです。ただし、バフェットは賢明な人物です。今後、ビットコインのことを徹底的に調べ上げて、その素晴らしさに気付き、発言を撤回する可能性もワンチャンあるんじゃないかと思ってます。

 

どちらともとれる発言のソロス

ソロスは急激な下落はなく、高値もちあいの可能性が高いと言っています。

ソロスはビットコインを保有しているかどうかは言及してないですが(多分)、多少は仕込んでそうですね。仮に今は持ってなくても将来的に売買する可能性は高いでしょう。急激な下落はないと言ってますが、ここぞってタイミングで世紀の空売りを仕掛けてくるかもしれないですね。

 

投資しなかったことを後悔しているロジャーズ

ロジャーズはバブルだとは言いつつも、ビットコインに投資しなかった事を後悔していると発言しています。ロジャーズらしい素直でサービス精神に溢れた発言です。より大きなリターンを出すという事は投資家としては当たり前の姿勢なので、圧倒的なリターンを生み出したビットコインに投資をしなかった事を悔いるのは、投資家としては正しい考えだと思います。自分の予想ですが、ロジャーズは現在はビットコインを保有しているのではないでしょうか?アルトコインも持ってそうです。

 

三大投資家はテクノロジーをどこまで理解しているのか?

バフェットもソロスもロジャーズも高齢という事もあり、ビットコインのテクノロジーを完全に理解しているか疑問は残ります。バフェットは自分でも「よくわかってない」って言ってますし。なので、彼等の発言をそのまま鵜呑みにすべきではないでしょう。しかしながら、彼等が偉大であることは疑いようがなく、影響力も絶大です。ゆえに世界三大投資家のビットコイン(仮想通貨)に対する発言は今後も注目していきたいと思います。

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

※公式サイトです 

 

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

コインチェックのGOXから学ぶ投資家としての心構え

どうも。ビットコイン大家です。

さて、今回のコインチェックの史上最大のGOX(580億円分の仮想通貨XEMが不正送金された事件)について、「誰に責任があるのか」「誰が悪いのか」考えてみましょう。

f:id:btc_landlord:20180128123226j:plain

 

NEM(XEM)を盗んだ奴が一番悪い

まず第一に、XEMを盗んだ奴が一番悪い。これは当たり前です。でも盗む奴はいなくならないですし、こいつらを責めても何も解決しないです。

 

取引所(コインチェック)も当然責任はある

第二に、今回は取引所(コインチェック)も悪いです。顧客の資産を預かる立場として、セキュリティ対策が甘々だったのは大きな過失ですし、弁解の余地もありません。

 

なお、先日のあまりにも酷い記者会見(質問をした側の新聞社の記者のレベルが酷いという意味)を自分もアベマTV(とニコ生)でリアルタイムで見ていました。

記者のレベルの低さ(なぜかキレ気味えオラつく、同じ質問を何度もする、仮想通貨の前提知識が無いこと丸出しの低レベルな質問)にさすがにコインチェックの和田CEOと大塚COOには同情してしまいましたが、新聞社が酷いからと言ってコインチェックの過失が不問になる訳でもありません。心情としてはコインチェックを応援していますが、GOXが起こった事実と運営の甘さは事実なので、そこは分けて考えるべきです。

 

さらに、結果的にXEMを返金(補償)するとコインチェックが発表したため、ユーザーには安心感が広がりコインチェックの責任は問われなくなってきた雰囲気もありますが、返金の有無とお粗末な管理運営体制は無関係です。返金するからと言って顧客の資産を危険に晒してよいということにはなりません。今後に期待したいです。

 

利用者(投資家)にも責任がある!仮想通貨の世界は自己責任!

第三に、利用者(投資家)にも責任があります。ここが重要です。初心者をはじめとしてここを理解してない人がまだまだ多いように感じます。

そもそも仮想通貨は非中央集権(ディセントラライズド)であるが故に何にも縛られない自由があります(実際には国の規制やマイナーや取引所等に影響を受けることもあるので、現時点で完全な自由と言える状態ではないですがが)。故に全てが自己責任の世界です。

 

取引所に自分の大事な資産を預けておくことのリスクをしっかりと理解している人であれば、取引所に「金返せ」と迫ることがどれだけ愚かな事かわかると思います。

それが理解できないのであれば、仮想通貨には一切関わらない方がいいです。間違っても取引所に口座開設なんてするべきではないです。

 

今回の件は、結果的にコインチェックが返金という対応をしたことにより、投資家が全く今回の事件を教訓にせずに将来的に同じことを繰り返してしまうのではないかと危惧しています。

 

 

 

【仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に管理しよう】

ハードウェアウォレットはLedgerNanoSがオススメ!

 

【仮想通貨取引所紹介】

 NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

 

 

仮想通貨で億り人になるために大切なのは「売らないこと」

どうも。ビットコイン大家です。

億り人になるために絶対必要なことは「売らないこと」です。

f:id:btc_landlord:20180122234212j:plain

 

売ったらそれで終わり!億り人へのチャレンジは終了してしまう!

億り人になったパターンでよくあるのが、「100万円が1億円になった」とかいうパターン。いわゆる資産が100倍になったってやつです。そんな人の話をメディアで見るたびに「いつかは自分も」と思って仮想通貨の世界に足を踏み入れた人も多いのではないかと思います。

 

しかしながら、報道ではあたかも濡れ手に粟で儲かったかのように語られますが、億り人への道のりは簡単ではありません(なってない自分が言うのもなんですがw)。

 

※今回の話は5,000万円を2倍にして億り人になった人など、元々相応の元本があったパターンは除外しています。あくまでも100倍以上のリターンを達成し、少額の資本で億り人になるために必要な素養について書いていきます。

 

ちょっと価格が上がったぐらいで売ってしまっていては億り人にはなれません(はい、自分のことですw)。ひたすらホールドを続けられるかどうかが億り人になれるかどうかの別れ道になります。

 

元本が2倍~3倍になった時に利確の誘惑に耐えられますか? 

で、ここで読者の皆さんに聞きたいのですが、

 

あなたは元本の100万円が2倍の200万円になっても利確せずにホールドできますか?

大半の人は利確してしまうのではないでしょうか?

ここで利確してしまう人は、無難に2倍の収益を確保するという選択をしたので、この時点で億り人は無理です。(再投資して億り人を目指すこともできますが、売買回数の多さと利回りは反比例するものなので、ホールドした場合に比べて億り人になれる可能性は下がります)

 

で、「100万円の元本が200万円になってもホールドできる、と自信を持って言える」という人に再び聞きます。

 

ホールドをした結果、再び元本と同等の100万円まで価格が下落したとします。

ここでどんな気持ちになりますか?200万で売っとけばよかったと思いませんか?

もし元本割れをするぐらい下落した場合はどうでしょう。後悔しませんか?

そんな状態で再び価格が200万円になったらどうしますか?

今度こそ利確してしまいませんか?

 

ここでも確固たる意志でホールドを継続できたとしても、その後、3倍(300万円)4倍(400万円)と、上昇と下落を繰り返しながら、利確の誘惑は100倍になるまで延々と続きます。その誘惑に耐えられる人のみが億り人になれるのです。

 億り人への道は長く険しいのですw

 

【仮想通貨取引所紹介】

はじめて仮想通貨を買いたいという人はコインチェックがオススメです。
スマホで簡単に取引できてアルトコインの種類も豊富です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
NEM(XEM)やモナーコイン(MONA)やトークンを買いたい人はZaifをどうぞ。
ホリエモンがアドバイザーを務めている取引所です。

 
成海璃子さんのCMでおなじみのbitFlyer。みずほやMUFJ等の大手金融機関も出資していて、安心感は抜群の取引所です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【オススメの海外取引所バイナンス(Binance)

世界一の取引所量を誇る仮想通貨取引所です。

100種類以上のアルトコインを取引可能です。

ハードフォークしたコインの付与も早く、セキュリティも万全です。

バイナンスの登録はこちらからどうぞ!

       【スポンサーリンク】